事例紹介
  1. HOME
  2. 事例紹介
  3. OEM カタログ通販A社の事例

OEM カタログ通販A社の事例

SUNAYAMAでは、数多くのOEM商品の企画・生産も行っています。 ここでは、美容雑貨からインナー全般を取り扱っている大手通販カタログA社での企画生産事例をご紹介します。

1.ニーズを的確に把握する営業力

お取引先様がメーカーに求めるものは様々で、単に商品の品質だけではありません。 これまで以上に、各社の商品ニーズを的確に把握し、提案する力・商品力を求められるようになってきています。

A社では各通販セクションごとにバイヤーがおられ、各誌の特徴を活かした商品づくりをされています。

そのためにも営業担当者は常にアンテナを高め各バイヤーの皆様のどんなニーズにもお応えできるよう社内外に万全の体制を整えています。新しいモノ、技術を調べ、糸や繊維、どんな編み方があるかなど、実際に工場に足を運んで情報を得ることもしています。

2.SUNAYAMAの企画力を活かす

A社とのお取引では、各ご担当バイヤーの方々にSUNAYAMAのPB商品などをお見せし、それをベースにA社のカタログ用に独自アレンジしたものを開発していきます。 SUNAYAMAのPB商品をベースにしつつ、A社の読者層に合わせた、よりかわいい商品、カラーバリエーションの豊富な商品などが多いのが特徴です。

 この時、役立つのがこだわりのPB商品を生むSUNAYAMAの企画力です。SUNAYAMAならではのこだわりの商品をベースに、A社の購買者層に合わせた商品開発を行うことで、他にはない商品、読者から高い支持をいただく商品が生まれます。A社にご提供している商品では、シルク関連の商品、 アイスコットンの商品などで、大ヒット商品も多く出ています。

 

3.幅広い提携工場のネットワークを活かす

現在、A社が商品に求めるキーワードは、次の2つ。
・エコなモノ
・女性のお悩み解決型のモノ

特に現在は、「エコ」= 「無駄にしない」というキーワードははずせません。
例えば、シルクでも今まで捨てていた部分を使った商品などが当てはまります。

次に「肌にやさしい」「冷え防止」などのお悩み解決型商品へのニーズが高く、また美容健康分野では、シェイプアップ効果のあるもの、着圧・足スッキリ関連商品、さらには、一石二鳥的なアイデアグッズ (つけているだけで○○できる。○○の効果がある。) など、靴下に留まらない、様々なアイテムが求められています。中には当社PBブランドにはない全く新しい商品を求められることもあります。

そんなとき力を発揮するのが、SUNAYAMAの国内外のネットワークです。国内外の提携工場のネットワークをフル活動させ、お取引先様の様々なニーズにお応えした商品のご提供を可能にしています。

4.今後に向けて

 1999年に始まったA社とのお取引は、現在12年目。取引開始当初、2アイテム12種類の商品だったお取引は、現在では年間37アイテム222種類へと増加し、貢献企業として表彰をいただけるまでになりました。今後ますますOEM先として、求められる会社であるために、営業・企画・生産が一体となり、よりよい商品づくりに取り組んでまいります。


up